OMA保険事務所(富山市)|生命保険、損害保険、資産運用のご相談をお受けいたします。

リスクコントロールについて


資産を運用する上でのリスクコントロール

分散運用長期運用

分散運用

分散運用はリスクを抑える手段として極めて有効です。

「すべての卵を1つのカゴに盛るな」という格言をご存知でしょうか。いくつかのカゴに卵を入れておけば、1つのカゴを落としても全部の卵が割れることがないという意味です。資産を運用する上でも同様に、資産を複数のものに分散しておくことがリスクコントロールを考える上で大切です。
投資を分散すると言う事は、様々な市場の様々な証券に自分の投資を分散させるということです。この手法は、投資の価格変動性(リスク)を下げる効果がありますが、同時に投資に対する専門知識が必要なコストの高い投資方法でもあります。従い、通常、一般の投資家の場合は専門家によって運用されたファンドに投資することが最も効率の良い投資手法なのです。

効果的な分散運用の方法とは


ある人が上図のように5つの有名企業の株式を保有していました。
その人は「自分は分散投資ができている」と言いますが
これで本当に効果的な分散と言えるのでしょうか?

現実にはこれらの投資はたった一つのアセットクラス(同じような値動きする
資産として分類されるもの)-日本株式に属しています。
効果的な分散投資をするには、値動きの異なるものに投資しなければなりません。

このページのトップに戻ります

長期運用

長期に保有し、低リスク高リターンを狙います

特に10年以上運用できる資金を「長期運用」とし、株式を中心とした運用をお勧めしています。

無料相談サービス 076-493-8809

このページの上段に戻ります。

OMA保険事務所 〒939-8092 富山県富山市雄山町2-4 雄山ビル1F